FC2ブログ

続・The Sugar House

Sugar家の新しいブログにようこそ!

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま帰りました

父の急死のために先月から1ヶ月半ほど日本に帰ってました。 死因は心筋梗塞です。

連絡があってすぐ日本に帰る手配をし、なんとか父の死に目に間に合うことができました。

光一、お母さん、ベイリー兄弟、連絡どうもありがとう。

家に着いたのが朝の1時ごろ。それから少し母と話して、風呂に入って、寝床に入ったのは朝の3時。

その4時間後に病院から電話があり、父の血圧と脈が落ちてきている、とのこと。

駆けつけた時にはほとんど脈が無い状態でした。

実は父が入院してから私に連絡が届くまで10日かかっていました。

入院してまたすぐに心筋梗塞、そして意識不明のベジタブル状態。

だから10日ももったのは奇跡のようでした。

まるで私が帰るまで待っていてくれていたようでした。

その後すぐにお通夜、お葬式、そしていろいろな手続き、その他初七日などのお参り、1ヶ月半はあっという間に過ぎていきました。

DDも1週間ほど休みをとってきてくれて、家の中の修理や地デジの設置、インターネットの配線、などをやってくれました。

それがすごいのよ。

台所の洗い場とお風呂の蛇口を取り替えたり、洗い場の上に当たるところがタイルなんだけど、割れていたので、その上からステンレスを取り付けたり、風呂場のコーキングを新しくしたり、コンピューターデスクや隙間棚の組み立て、その他細々としたところを母の要望どおりにすべてしてくれました。

母曰く大工だったうちの父がやってくれなかった願いが30年たった今やっとかなえられた、とそれはそれは喜んでくれました。

おかげで帰ってきてから母ともSkypeで話せるようになりました。

ビデオ通話をすると、母が「あ!顔が見える~!」と喜んでました。

家族の死、とくに長年連れ添ってきた配偶者の死、というのは特につらくて、いろんな人の話を聞くけど、ほんとかわいそうです。

さびしくてお酒やタバコをはじめちゃったり。

夜さびしくてねむれなかったり。

私もDDがいきなりいなくなったらどうなるのかな?

母にはそういう風に一人ぼっちの寂しさにまけてほしくなかったので、ネットだけはつけたかった。

そしたら気軽にいつでも電話できるし、長電話してもタダだし、おまけに顔も見えるし。

残された母のことが心配だったので、できるだけのことをして元気になってもらおう、新しい人生を幸せにすごしてもらおう、と精一杯のことをして帰ってきました。

今回の父の死を通して、親孝行は死んでからじゃなくって生きてるうちにするもの、お金や時間ができた時に初めてするものではなくって、そういうものがなくても必要とされる時にできるだけのことをするものだ、と学びました。

父が生きているうちはそれがよくわかっていなくてあまり親孝行ではなかったので、これからはその分も母を大事にしていきたいです。

帰ってからほっとしたのかちょっと風邪気味になり、その夜は21時間ぶっ続けで寝続けました。

今、朝の3時でぜんぜん眠くない。

やばい、かなりの時差ボケです。

今週末なのが、救い。来週までには体のスケジュールを元に戻さないと。

それではまた。

コメント

大変だったね~。おつかれさま。

私も両親が突然いなくなったらと思うと・・・考えられないなぁ。ダンナがいなくなったらどうなんだろ?

やっぱり、後で後悔しないように誰にたいしても接したいよね。いつ何がおこるかわかんないもんね。

Re: タイトルなし

ほんとそうだね。誰にたいしても悔いのない接し方をすることって大事だね。
私、好き嫌いが激しくて、好きな人はとことんかわいがって、気に入らない人にはほんとどうなってもいいくらいのことを言ったりしたりするのよ。
もう少し大人にならなければ...(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。